Scientific Linux 6.1 での yum リポジトリ設定

標準

今朝 Scientific Linux 6.0 環境を 6.1 環境へアップグレードする方法 を書きましたが、6.0 時代に設定した yum のリポジトリ設定が上書きされ、初期化されていました。どうやら SL 6.1 で yum のリポジトリ設定ファイルの構成が変わったようです。

具体的には次のようになりました。

  • /etc/yum.repos.d/sl.repo が上書きされた。
    • 古い設定は /etc/yum.repos.d/sl-other.repo.rpmsave に保存されています。
    • 中身が sl, sl-security(元々 sl-updates.repo にあった設定), sl-source になった
  • /etc/yum.repos.d/sl-updates.repo が無くなった。
    • 古い設定は /etc/yum.repos.d/sl-updates.repo.rpmsave に保存されています。
    • 旧 sl, sl-updates に含まれていた sl-fastbugs を含む他のリポジトリは yum-conf-sl-other パッケージを別途入れなければならなくなった。

というわけで、SL 6.1 になったら次のようにインストール・設定するようにしました。普段設定しているやり方で紹介します。6.0 から更新された方も設定が上書きされているので同じように設定すれば良いです。

yum に関連したパッケージのインストール

yum に関連したパッケージをインストールします。

  • yum-conf-sl-other: sl-fastbugs を使うためにインストールします。
  • yum-plugin-fastestmirror: ミラーリポジトリリストのうち最もレスポンスの早いミラーリポジトリを使うためにインストールします。
  • yum-plugin-priorities: 外部リポジトリと混ぜて使用する際に標準リポジトリのバージョンを優先するためにインストールします。
    • 2011-08-28修正: torakitty さんにコメントでご指摘いただいたように yum-plugin-priorities が yum-conf-sl-other と誤って記述していたのを修正しました。

# yum -y install yum-conf-sl-other yum-plugin-fastestmirror yum-plugin-priorities

オリジナルの設定ファイルのバックアップ

オリジナルの設定ファイルをバックアップします。

yes no | cp -ai /etc/yum.repos.d/sl.repo /etc/yum.repos.d/sl.repo.default
yes no | cp -ai /etc/yum.repos.d/sl-other.repo /etc/yum.repos.d/sl-other.repo.default

sl.repo の設定

リポジトリミラーとして国内ミラーを優先して使うように設定します。

  • sl: 標準で有効化し、priority を最優先の 1 にします。
  • sl-security: 標準で有効化し、priority を最優先の 1 にします。
  • sl-source: 標準で無効化し、priority を最優先の 1 にします。
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/sl.repo
[sl]
name=Scientific Linux $releasever - $basearch
mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-sl
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-dawson
priority=1

[sl-security]
name=Scientific Linux $releasever - $basearch - security updates
mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-sl-security
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-dawson
priority=1

[sl-source]
name=Scientific Linux $releasever - Source
mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-sl-source
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-dawson
priority=1
_EOF_
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/mirrors-sl
http://ftp.ne.jp/Linux/packages/scientificlinux/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.riken.jp/Linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/os/
_EOF_
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/mirrors-sl-security
http://ftp.ne.jp/Linux/packages/scientificlinux/$releasever/$basearch/updates/security/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
http://ftp.riken.jp/Linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/security/
_EOF_
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/mirrors-sl-source
http://ftp.ne.jp/Linux/packages/scientificlinux/$releasever/SRPMS/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/$releasever/SRPMS/
http://ftp.riken.jp/Linux/scientific/$releasever/SRPMS/
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/SRPMS/
_EOF_

sl-other.repo の設定

リポジトリミラーとして国内ミラーを優先して使うように設定します。

  • sl-fastbugs: 標準で有効化し、priority を最優先の 1 にします。
  • sl-debuginfo: 標準で無効化し、priority を最優先の 1 にします。
  • sl-testing: 標準で無効化し、priority を最優先の 1 にします。
  • sl-testing-source: 標準で無効化し、priority を最優先の 1 にします。
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/sl-other.repo
[sl-fastbugs]
name=Scientific Linux $releasever - $basearch - fastbug updates
mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-sl-fastbugs
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-dawson
priority=1

[sl-debuginfo]
name=Scientific Linux Debuginfo
mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-sl-debuginfo
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-dawson
priority=1

[sl-testing]
name=Scientific Linux Testing - $basearch
mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-sl-testing
enabled=0
gpgcheck=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-dawson
priority=1

[sl-testing-source]
name=Scientific Linux Testing - Source
mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-sl-testing-source
enabled=0
gpgcheck=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-sl file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-dawson
priority=1
_EOF_
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/mirrors-sl-fastbugs
http://ftp.ne.jp/Linux/packages/scientificlinux/$releasever/$basearch/updates/fastbugs/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/fastbugs/
http://ftp.riken.jp/Linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/fastbugs/
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/fastbugs/
http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/fastbugs/
http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/fastbugs/
ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/$basearch/updates/fastbugs/
_EOF_
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/mirrors-sl-debuginfo
http://ftp.ne.jp/Linux/packages/scientificlinux/$releasever/archive/debuginfo/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/$releasever/archive/debuginfo/
http://ftp.riken.jp/Linux/scientific/$releasever/archive/debuginfo/
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/archive/debuginfo/
http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/archive/debuginfo/
http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/archive/debuginfo/
ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/$releasever/archive/debuginfo/
_EOF_
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/mirrors-sl-testing
http://ftp.ne.jp/Linux/packages/scientificlinux/6rolling/testing/$basearch/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/6rolling/testing/$basearch/
http://ftp.riken.jp/Linux/scientific/6rolling/testing/$basearch/
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/$basearch/
http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/$basearch/
http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/$basearch/
ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/$basearch/
_EOF_
cat << '_EOF_' > /etc/yum.repos.d/mirrors-sl-testing-source
http://ftp.ne.jp/Linux/packages/scientificlinux/6rolling/testing/SRPMS/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/6rolling/testing/SRPMS/
http://ftp.riken.jp/Linux/scientific/6rolling/testing/SRPMS/
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/SRPMS/
http://ftp1.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/SRPMS/
http://ftp2.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/SRPMS/
ftp://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/6rolling/testing/SRPMS/
_EOF_

設定の確認

yum コマンドを実行して設定を確認します。

# yum update
Loaded plugins: fastestmirror, priorities
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * sl: ftp.ne.jp
 * sl-fastbugs: ftp.ne.jp
 * sl-security: ftp.ne.jp
Setting up Update Process
... 省略 ...

上記のように Loading mirror の後、sl, sl-fastbugs, sl-security が表示されれば設定が出来ています。

まとめ

SL 6.1 用の yum リポジトリの設定方法を紹介しました。SL 6.0 からリポジトリ設定ファイルの構成が変わっていますので、SL 6.1 環境では設定をし直した方が良いです。

設定中の priority は、RHEL/Scientific Linux/CentOS 5 から RHEL/Scientific Linux/CentOS 6 へ で触れた yum-conf-* を入れたら、1 より大きい数字を設定しておかないと優先度が反映されないので注意が必要です。

Scientific Linux 6.1 での yum リポジトリ設定」への2件のフィードバック

  1. Scientific Linuxをインストール、運用するうえで、大変有用な情報ありがとうございます。

    ひとつ訂正をお願いします。 yum に関連したパッケージのインストールの項で、最後のパッケージはyum-conf-sl-otherではなくyum-priorities (yum-plugin-priorities)です。

  2. ご指摘どおり記述が誤っていたので修正しました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です